7月22日オリエンテーションキャンプ2日目

 オリエンテーションキャンプ2日目は、プレゼンテーションやクラブ活動の準備、平和について考えるアクティビティ、社会問題のディスカッションなど大変盛りだくさんでした。

 平和を考えるアクティビティでは、日本を代表する高校生外交官として戦争の歴史に真摯に向き合い、意見を交換する中で互いの理解を深め合う様子が印象的でした。

 社会問題のディスカッションでは、ジェンダー論や環境問題など難しいテーマを議論しましたが、各々の意見を相互作用させ、とても内容の濃い議論を行っていました。 その後、自分について考えるアクティビティを行い、ペアになって、相手の趣味や好きなことをインタビュー形式で掘り下げました。チームメイトをより深く知るだけでなく、自分自身の価値観や個性についても新しい発見がたくさん生まれた機会になったようです。

 

 夜に行われたマインドセットでは、HSDに参加することの意義や自分の目標を再確認し、他の参加者と共有することでチームとしての一体感を高めることができました。

 米国側参加者とのエクスチェンジまであと1日。高校生外交官としての心の準備を整え、2日目を終えました。いよいよ明日、待ちに待った米国側参加者が到着します!

7月22日東京ツアー5日目

ツアー5日目。Happy Birthday, Ben!!!!!

今日は関西へ移動しました。

新幹線に乗って、京都駅へ!新幹線の窓から見える日本の景色に興味津々でした。

京都駅からバスで移動し、奈良県の興福寺を訪れました。 HSD卒業生のガイドの元、歴史的な建造物を真剣な眼差しで見学していました。

その後は奈良公園と東大寺へ。

強い日差しの下、鹿せんべいを片手に鹿と戯れ、奈良公園を満喫。

東大寺では有名な南大門や大仏様を拝み、充実した時間になりました!

夜ご飯は和食をお腹いっぱい食べました。

移動もあったので、今夜はしっかり休んで明日に備えよう! 明日はついにツアー最終日です!

7月21日東京ツアー4日目

Day4
ツアー4日目!今日は新宿にある平和記念資料館を訪れました。
歴史に深い関心を寄せ、学びを得ようとする参加者たちの姿はまさに外交官そのもの。
未来を担う世代であることに責任を感じたようです。

お昼ご飯の後は、デジタルアートで有名なチームラボ本社へ!カラフルで自由な雰囲気のオフィスと、チームラボのカルチャーに参加者たちはすっかり魅了された様子でした。

チームラボボーダレスにも招待していただきました!その名の通り、さまざまな要素とアートの融合は圧巻です。

その後は浅草に戻り、スカイツリーへ!日本一高い所にあるポストからアメリカにいる家族へ手紙を送りました。

夜はお好み焼きをいただき、4日目は終了。明日はついに関西へ向かいます!





7月21日オリエンテーションキャンプ1日目

米国側参加者のツアーと並行して、日本側参加者のオリエンテーションキャンプがスタートしました。 オリエンテーションキャンプとは、米国側参加者との交流に向けて様々な最終確認を行うための事前合宿です。 その記念すべき初日ではオープニングセレモニーや、アイスブレイク企画、HSDでの目標・行動指針について考えるアクティビティを行いました。 オープニングセレモニーでは、まだ緊張が少し残る中、HSDの歴史や行動指針などを学ぶことで、改めて事前合宿に対するやる気とモチベーションを高めることができました。

アイスブレイクアクティビティでは、お互いの名前を覚えるゲームや、米国側参加者との対面をイメージした英会話アクティビティを行いました。 初めての英語を含むアクティビティではありましたが、持ち前のエネルギーで参加者同士打ち解けた様子が見られました。

HSDが掲げる目標やスローガンについて考えるアクティビティでは、グループごとに深い話し合いをした後、参加者のクリエイティビティ溢れるプレゼンでそれぞれのキーワードを紹介しました。 このアクティビティを通して、プログラムで何を達成したいのかが明確になってきた参加者も多かったようです。 ついに始まったプログラム1日目。米国側参加者を迎える準備が着々と進んでいます!

7月20日東京ツアー3日目

Day3 
ツアー3日目。今日の始まりはアメリカ大使館の公式訪問でした。 
厳重なセキュリティチェックを受け、いざ大使館の中へ! 
緊張した面持ちの一方で、積極的に質問をし、真剣に話を聞く姿勢が印象的でした。 

お昼ご飯はラーメン博物館へ!昭和レトロに溢れる館内や駄菓子屋さんでのお買い物も楽しめたようです。 

その後はカップヌードルミュージアムを訪れ、オリジナルカップヌードルの制作体験や館内を見学しました! 


クリエイティビティに富んだオリジナルカップヌードルが出来上がり、参加者たちは大満足!

その後はダイソーでのお買い物や夜ご飯を満喫してホテルに戻りました。今夜もよく眠って明日も元気にツアーに出かけます!

7月19日東京ツアー2日目


ツアー2日目!今日は浅草デーです!
最初は江戸切子作りを体験しました。各々自由にデザインを決め、慎重にガラスを削ります。
細かい作業でしたが参加者たちはすぐにコツを掴んだようです。


お昼ご飯に天ぷらを堪能した後はグループで浅草を観光しました!
仲見世通りや浅草寺に大興奮の様子で、浅草をしっかり満喫できたようです:)

その後は水上バスに乗ってショートクルーズへ。夕暮れ時の景色と暖かい風に癒されました。
夜ご飯もしっかり食べて、エネルギーをチャージ!明日も楽しめますように!

HSD Japan 2022 7月18日 東京ツアー 1日目

Day1 Welcome to JAPAN! ついに米国から16名の参加者が来日しました! 日本の暑さに驚きつつも、はつらつとしている参加者たちに、日本人スタッフも背中を押されます。

空港からホテルに移動した後は、長いフライトの疲れを癒すべく、しゃぶしゃぶを食べに行きました!日本での初めての食事。みんなで鍋を囲み、和気あいあいと夕食の時間を過ごせたようです:) 明日からは本格的にTourパートが始まります。 感染対策や暑さ対策バッチリで、日本をたっぷり堪能してもらいたいと思います。 ひとまず、今夜はゆっくり休めますように、、、!

Exchange 10日目

いよいよエクスチェンジプログラムも最終日となりました。

午前中は、プログラム中に行われた語学クラスの発表会が開かれました。これまで授業で学んだ事を、日米ともにいくつかのグループに分かれ、ジョークを織り交ぜて披露しました。

日本側参加者は、クラスで学んだアメリカの政治や教育などについての内容を、ユーモラスな劇にして発表しました。

55D12207-275A-4074-8D41-4B5F6FD09C39

米国側参加者は、日本の寓話を彼らなりにアレンジしたオリジナルの劇を日本語で披露しました。始終笑いが絶えず、最後まで大いに盛り上がった発表会となりました。

81B5D6E4-E3A3-4AC4-B816-0ED3F5D7302C 

午後は10日間の感謝を伝え合うアクティビティや閉会式を行いました。

閉会式では、プログラムの団長から一人一人に修了証書が手渡され、ルームメイトと互いの国旗を交換しあいました。

50002244-6CB1-4D67-B434-81B4C64378F7

ルームメイトと抱き合いながら言葉を交わす姿に、彼らが築いた固い絆を見ることが出来ました。

Exchange 9日目

エクスチェンジもいよいよ終盤。今日は、HSD Japanのスローガンにちなんで名付けられたGrab the Core Dayです。

クラス、日米両参加者による社会問題に関するプレゼンテーションとディスカッション、HSD1日ずつルームメイトと振り返るアクティビティ、自身の価値観について考えるアクティビティ、タレントショーを行いました。

社会問題についてのディスカッションでは、日本やアメリカ含め、現在世界が直面する課題についてを議論しました。議題は移民問題・環境問題・メディア・ジェンダー問題と様々です。興味や関心に沿って選んだトピックについて、色々な視点で意見を出し合い、現在世界で注目される社会問題についてより良い解決策を模索しました。

自身の価値観について考えるアクティビティでは、HSDの中心となる考え方を示す「Mission3 key wordsSlogan」にちなんで、自分の人生で大切にしたい考え方や目標を言語化することに挑戦しました。

A8445442-702D-446C-A1BD-9CBF9B4E882E

一日の最後にはルームメイトと共に特技を活かしたパフォーマンスを披露する「タレントショー」を行いました。自由時間などを利用しルームメイトと一生懸命に準備したパフォーマンスを披露する参加者の姿は笑顔に溢れていました。

4BA62A46-227C-49D5-BE97-4830323E3179

いよいよ明日はプログラム最終日です!

エクスチェンジ8日目:History & Peace Day!

今日は、History & Peace Day!歴史や平和と向き合い、より良い社会の構築をHSD Japan2019メンバー全員で目指します。

日米関係史に関するアクティビティ、平和について、日米参加者代表によるスピーチ、そしてグループごとのディスカッションを行いました。

日米関係史のアクティビティでは、日米両参加者が互いの歴史を振り返り、それぞれの見識を深め、知識を紡ぎ合わせる姿が印象的でした。

過去の悲劇を伝え、平和な社会を希求した「平和スピーチ」からは、平和に対する強い思いが窺えました。

スピーチ後のディスカッションでは、高校生外交官として社会に貢献できることを本音で語り合いました。熟議のうえ創りあげた「提言」には、意見や立場の違いを超えた思いが詰まっていました。

世界規模の課題に目を向け、時間をかけ本気の議論を重ねた1日。参加者は多くの刺激と将来に対する前向きな展望を得たことでしょう。

B2DFC982-1994-42F4-B3A0-7A587B2FDDCE2B1CFDBD-1A3E-4DFB-AC8D-7601644665B95208D8E6-9383-444D-9888-2EC465A2B20A