エクスチェンジ 9日目

いよいよFarewell Day。 午前中は、プログラム中に行われた語学クラスの発表会が開かれました。日本側参加者は、クラスで練習した歌を、米国側参加者は、日本の寓話を自分たちなりにアレンジしたオリジナルの劇を日本語で披露しました。終始笑いが絶えず、感動に溢れた語学クラスの集大成となりました。

午後はこれまでの感謝を伝え合うアクティビティや閉会式を行いました。 閉会式では、プログラムの団長から一人一人に修了証書が手渡され、米国側参加者と互いの国旗を交換し改めて友情をわかちあいました。

事前準備期間から始まったHSDという長旅が本日を持って終了します。 9日間という短い時間でしたが、参加者の皆さんの表情や、米国側参加者と最後まで笑顔で、時には涙ぐんで話している姿から、皆さんが築いた固い絆を見ることができました。

このHSDを経て、参加者の皆さんが次のステージへと羽ばたいていくことをスタッフ一同応援しています。

このブログも本日が最終日です。最後まで読んでくださった方々、どうもありがとうございました。

エクスチェンジ8日目

今日は日本文化を発信するJapanese Day!! クラス、自分の出身地域の魅力を紹介するアクティビティ、英語落語鑑賞、クラブプレゼンテーションを行いました。

自分の出身地域を紹介するアクティビティでは、地域の代表としてとても興味深い魅力を米国側参加者たちに伝えていました。 同じ日本でも地域によって沢山の魅力や多様性があることがわかり、日本側参加者にとっても学びが多い機会であったと思います。

また英語落語パフォーマー小夜姫様による英語落語鑑賞を通して日本文化を英語で伝えることの意義や、海外からみた日本文化のあり方というものを学ぶことができました。

クラブプレゼンテーションではこれまでのクラブ活動の成果を発表しました。 数ヶ月にわたる事前準備の甲斐もあり、どの班も日本文化の魅力をあますことなく発表していました。 1日を通して日本人の代表として、高校生外交官の大切な役割を果たした参加者の目には、どこか誇らしげな様子がみてとれました。