エクスチェンジ6日目

今日は、History & Peace Day!日米の戦争の歴史に向き合い、世界平和の実現に高校生外交官としてどのようなアクションを起こすべきか一日かけて追求しました。午前は、日米関係史を学ぶアクティビティ、被爆体験証言者の小倉様による講演、そして日米参加者代表による平和スピーチを行いました。

日米関係史のアクティビティでは両国の歴史を語るうえで、「戦争」の2文字が欠かせないことを確認し、平和について深く議論するための素地を築きました。

被爆体験証言者の小倉様の講演では、兵器の脅威と戦争の悲劇を若い世代が伝えていくことの大切さを教えていただきました。

平和スピーチでは日米参加者の代表が自身の経験に基づき、平和を希求する大切さを訴える力強いメッセージを届けてくれました。

午後のディスカッションでは、「平和とは何か」「高校生外交官として世界平和にどう貢献できるか」などの難しい問題に対し仲間たちと本音で語り合いました。

議論の末に創りあげた「提言」には、日本/アメリカという国の境を超えた思いがたくさん詰まっていました。

一日の最後には、社会問題をテーマとした日米参加者のプレゼンも行われ、会場はスタンディングオベーションで包まれました。

世界規模の課題に目を向け、長時間本気の議論を重ねた1日。参加者は多くの刺激と将来に対する前向きな展望を得たことでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中