エクスチェンジ最終日

日もまだ昇らぬ早朝。ついにお別れの時間がやってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10日間の達成感、そして別れを惜しむ涙が入りまじったような清々しい表情で、まずはアメリカ側メンバーと飛行機で帰宅する日本側メンバーが空港へと出発。”See you again, soon”と精一杯の笑顔でお別れをしました。残った日本側メンバーで施設の清掃を行い、京都駅へ。ここで全員が解散しました。

期待や不安で胸がいっぱいだった初日から、毎日全力で学び、発信し、友情を築いてきて、ここにエクスチェンジの幕がおろされました。しかし、生徒たちにとって今日は「スタート地点」に過ぎません。プログラムで得た経験や友情を心の糧に、それぞれの道を立派に歩んでいく、始まりの日であります。USHSDで実現した「人間交流」が生涯忘れられない大切な軸となり、将来を歩む原動力となることを願って、この報告を終わらせていただきます。

本当に、ありがとうございました。

エクスチェンジ10日目

「フェアウェルデイ」。いよいよエクスチェンジ最終日をむかえました。エクスチェンジを通して取り組んできたクラスの最終発表会では、成果を存分に発揮しただけでなく、日米メンバーがお互いにサプライズをするなど、感動に包まれるものでした。また、ヤーンゲームでは毛糸をリレーのように繋ぎながら、チームメイトの良いところや感謝の言葉を投げかけ合いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてむかえた閉会式では、一人一人に修了証書が手渡され、ルームメイトと国旗を交換しあいます。10日間で築いた真の友情関係を胸に、感謝の言葉をかけあうルームメイトたちの姿は、涙なしには見られないものでした。

エクスチェンジ9日目

エクスチェンジもいよいよフィナーレへ。今日は団のスローガンから名付けられた「グラブ・ザ・コアデイ」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

企画ロード・トゥー・ザ・フューチャーでは、エクスチェンジを振り返り、ルームメイトと自分たちの将来について考えました。前向きな気持ちや将来の不安など様々な思いが語られましたが、このUSHSDの体験がひとつの大きなステップとなり、お互いを支え合える「ファミリー」となれたのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、夜にはタレントショーが開催され、各ルームメイトが持ち味や特技を生かして大活躍しました。「この仲間たちと一緒にいられるのも残りあと1日…」。ルームメイトと舞台に立つ生徒たちからは、そんな気概が伝わってきました。

エクスチェンジ8日目

2016年8月6日「ヒストリー&ピースデイ」がいよいよやってきました。これまで、日米生徒たちはお互いの様々な文化や歴史を学びあい、真の友情を築き上げてきました。いわばその集大成のひとつとして設定されたのが今日のテーマです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前中は主に「歴史」に焦点をあて、日米の歴史を対比するゲームや、昨日の京都トリップの報告会が開催されました。歴史が自分自身の居る「現在」と繋がっていることを実感しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして午後からは、歴史を踏まえた上で今後の日米関係や世界平和という重要なテーマに挑戦です。日米メンバーそれぞれの想いのこもった「平和スピーチ」で始まり、ピースディスカッションでは、平和の実現にむけて本音をぶつけ合いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後のピースアクティビティーでは、高校生外交官としての平和への願いを「提言」としてまとめました。立場や意見の違いを超えて、心と心で語り合った今日の1日は、参加者にとって忘れられない経験となったことでしょう。

エクスチェンジ7日目

今日は1日かけて、京都市内を観光しながら日本の歴史や文化を学ぶ「京都デイ」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝から小さな班に分かれ、修学旅行のような感覚で各テーマに応じたコースをまわる京都トリップから始まりました。テーマは4つ:「宗教」「貴族」「武士の始まり」「幕末」と2000年の日本史をテーマごとに学びます。

DSC04981

金閣寺・清水寺をはじめ、数々の世界遺産や教科書で見るような遺構を見学した日米メンバーたちは、たくさんの驚きや発見があったようです。各時代に生きた日本人の想い=Core。日本の「真髄」をそれぞれのテーマを切り口に追求できたのではないでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

加えて、見学中に日本側メンバーがルームメイトたちに歴史的背景などを一生懸命説明する姿は、とても誇らしいものした!今日、直接見たり聞いたりした情報をもとに、明日はいよいよ歴史や政治、そして国際平和について話し合います。

エクスチェンジ6日目

今日は「ジャパニーズデイ」。クラブ活動で日米メンバーが一緒に作り上げてきた成果を披露する日です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数ヶ月にわたる日本側メンバーたちの事前準備の甲斐もあり、どのクラブ班も日本文化の魅力を存分に伝えてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発表の後は、日本側メンバーがブースを開き、アメリカ側メンバーに日本文化を体験してもらう企画を開催。日本人の代表として、高校生外交官の大切な役割を果たした彼らの目には、どこか誇らしげな様子がみてとれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、英語落語パフォーマー小夜姫様による寄席を楽しんだり、縁日を模した夕食を楽しんだりと日本文化をたっぷり味わいました。

DSC04969 (1)

最後にはルームメイトと花火をして、自分たちでつくった最高の「ジャパニーズデイ」が幕を閉じました。

エクスチェンジ5日目

エクスチェンジもいよいよ折り返し地点ということで、今日は「ディプロマッツデイ」です。その名の通り、高校生外交官としての力が存分に発揮できる1日。その目玉となったのが、日米の社会問題を議論する企画でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

議題は高校生に身近なSNSやいじめ問題から人種問題、環境破壊、そして震災まで多岐にわたります。真剣な眼差しで、英語を使ってディスカッションする生徒たちの姿はとても立派で、まさに高校生外交官にふさわしい姿勢でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで得たものが、将来の興味関心や問題意識につながることを願っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、昼には藍染体験に取り組みました。ルームメイトで助けあいながら、思い思いの絵柄の入った手ぬぐいが完成しました。

そして、夜には日米生徒が分かれて、10日間の折り返し地点をむかえた心境や目標についてじっくり話し合いました。中には不安を告白し、涙をこらえきれない生徒も。そんな時だからこそ仲間の大切さを再認識し、残りのプログラムに向けて背中を押し合える機会となりました。

エクスチェンジ4日目

午前中は「フリーモーニング」という自由時間がもうけられ、ゆったりと会話を楽しんだり、買い物に出かけたりとルームメイトで思い思いの時間を満喫したようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして午後は、アメリカの文化を体験する「アメリカンフェスティバル」が行なわれました。ハロウィンやバレンタインなどは日本でも知られる行事ですが、アメリカ側メンバーがその文化的背景や祝い方などを説明すると、日本側メンバーは興味津々に聞き入っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして夜には、アメリカの高校生に馴染み深い文化のひとつ「プロム(卒業パーティー)」が開催されました。

男女でペアになり、おしゃれをして、パーティーを行います。最初は少し緊張した表情だった日本側メンバーたちも、1日の終わりにはすっかりアメリカの文化に親しんでいるようでした。

エクスチェンジ3日目

今日は「絆デイ」。午前中は日米メンバーがそれぞれ言語・文化のクラスにのぞみ、午後は京都市内の公園に出かけ「スポーツ大会」を開催しました。

DSC04737

チーム対抗で応援合戦やフリスビーを使った競技に取り組み、フィナーレは各ルームメイトが障害物競争で競いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どの競技も白熱そのもの!日米生徒がチームで一体となり、全力で競い、声援を送りあっていました。

DSC04761

大会が終わった後は、小川のせせらぎで一休み。まさに今日のテーマである「絆」にふさわしく、言葉を越えたつながりを手に入れたようです。